私のカントリーフェスタin清里2016

今年もやってきました年に1度の秋祭り!!
「私のカントリーフェスタin清里」。

%e7%a7%81%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bfimg_20161022

今年は昨年と違って晴れたり曇ったりという天気で
陽がかげるとちょっと肌寒い陽気でした。
まあ、10月下旬の清里ですので今年が普通で
昨年のように汗ばむ陽気は異常かもしれませんね。

%e7%a7%81%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%a2%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab01img_20161022
今年もたくさんのお客様が訪問してくださいました。

今年のあじさいは、ちょっとシックな色合いを中心に
揃えてきましたが、ブルー系、パープル系、グリーン系
等々一つ一つが微妙な彩りとなっています。
%e7%a7%81%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf02img_20161023_091318
まるで人間みたいに思えてきて不思議です。
同じ色合いのように見えても一つ一つが微妙に違っている。
おおぶりなものもあれば、こぶりのものもある。
それぞれに素敵だけど、自分の好みに合うものが見つかると一緒に居たくなる。

皆さんがアジサイを手に取りながら、お気に入りの一点を探している姿は、
私には「素敵」に感じられて大好きな光景の一つです。

%e7%a7%81%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%bf03img_20161023_091325

新企画のワークショップの様子も次回以降にアップします。

今年もたくさんのお客様にお見えになっていただき、ありがとうございました。

ドライフラワーキャンドル

ドライフラワーを使ったキャンドルは私のお気に入り。

皆さんにキャンドルを灯した感じをなかなかお見せ出来ないので今回ご紹介しておきたいと思います。

ドライフラワーキャンドル1

次は電気をさらに暗くして実際の雰囲気に近づけてみます。

ドライフラワーキャンドル2

影絵のような幻想的な投影とゆらゆらとゆらめく炎の雰囲気が私は大好きなんです。

ちょっと癒されたい時や大切な時間を演出するわき役として楽しんでいただけたらと考えております。

 

キャンドルって素敵。

先日の大雪の日に「ドライフラワーキャンドルin か・ま・く・ら」をひっそりと決行しましたことをご報告しました。

が、つい調子に乗ってフラワー・キャンドルの包みも開封してしまいました。

フラワーキャンドル

こちらのキャンドルも長野市にありますナノグラフィカに於いて

2月3日(水)から2月22日(月)まで開催します春待ちおとめ展に出展します。

詳しくはこちらまで

 

キャンドルって飾っておくのも素敵ですけど、炎を灯したあの雰囲気がやっぱりたまりません。

少し贅沢な時間も乙女には必要ですよね♪

大雪の日こそ

今年は雪不足で県内のスキー場もため息ばかりだったのですが、待望の降雪がありました。

なんと一晩で30センチ近い降雪。

私も連日の雪かきで既にお疲れモードです。

 

ところが、「ピーン」と来ました。

こんな時こそキャンドルご紹介の絶好のチャンス!!

CHANCEカードを見つけましたので

吐く息白い氷点下の中でもせっせとセットを作り、

いざ点火。

candle1_20160120_210550

 

だんだん炎に力が出てきました。ファイヤーパワー!!

(いいえ、これは露出調整です。)

candle2_20160120_210540

 

さらにもっと近づいての1枚

candle_20160120_205540

雪と花の競演です。

 

この光景、素敵過ぎて見とれてしまうけど、寒すぎて見て居られない。

 

残念ですが、慌てて何枚かの写真を撮って部屋に駆け込みました。

candle_20160120_205507

 

candle_20160120_205519

今回は、勢い余って新品のキャンドルをなんと2つも開封してしまった。

candle_20160120_205528

 

でも、もう少し蝋が溶けてきてドライフラワーの中から灯しだすと

もっともっと素敵なんです。

それはまたの機会のお楽しみにしておきましょう。